セキュリティで情報と自身を守っていこう

社外へパソコンなどを持ち出す際のセキュリティについて。

もしも情報の漏えいが起きたら、企業の信頼を大きく揺るがすことになると思います。情報を守るということは、責任ある業務の一つなのです。知り合いの会社で、会社用のパソコンを家に持ち帰っていて、タクシーに置き忘れ紛失してしまったという人がいたそうです。不運だし、不注意だなという印象を受けましたが、そもそも持ち出し禁止のパソコンや情報を持ち出していたことが重大な過失であるということです。私も自宅で仕事をすることがたまにありますが、会社用のパソコンは持ち帰りません。漏えいして困る書類も持ち出しはせず、一般的な資料を使ってできる作業をします。

パソコンやデータが持ち出し禁止でない会社もありますし、そこは業種・業務によって柔軟に対応するべき点です。でも持ち出しを可能にしているのならば、そうでない場合よりも比べられないぐらいの注意が必要になると思います。許可があっても管理は怠ってはいけないということですね。私の部署は持ち出しが原則禁止ですが、許可された際のマニュアルがあります。そのマニュアルには、紛失・盗難に注意すること、業務外で使わない、外部のインターネットを利用しないなどのことが書いてあります。ソフトで行うセキュリティも大事ですが、こういった物理的なセキュリティこそ人為的ミスが起こる可能性が高いので、徹底をするべきだと思います。

Recommend