セキュリティで情報と自身を守っていこう

セキュリティ対策で大事なソフト

セキュリティ対策をしておくことを知ることが大事ですが、コンピューターウイルスは一種のプログラムですが、あの手この手で悪のプログラムをあなたのパソコンに入り込み、悪さをしようとしています。これといって何もしなくてもインターネットに接続しているだけでウイルスは侵入してきます。そしてウイルスに感染するということは自分が被害者になることにとどまらず、そのウイルスにより他社に被害が出てきたTら、被害者がその責任を問われることがあります。そして実際個人情報が記録されているパソコンがウイルスに感染して、情報が流出し、結果定職等の処罰を受けた例もあります。

そもそも他人のコンピューターに不正アクセスして、被害をもたらすウイルスの作者がすべての責任を負うべきですが、ウイルスに感染する行為が悪いことといわれてしまう時代です。そして、パソコンを使う以上はウイルス対策は必須で、ルーターを入れているから大丈夫という方もいるでしょうが、実際ルーターで新入はある程度防げてもウイルスはやってきて、最も確実なことはウイルス対策ソフトをインストールすることが大事でしょう。そして、ウイルスが蔓延しているこのご時世、コンピューターを買ったときにウイルス対策ソフトがあらかじめインストールされていることもおおいです。