セキュリティで情報と自身を守っていこう

セキュリティ対策ソフトの効能

ネット上にはウイルスやスパイウェアなど、さまざまな危険が潜んでいます。それらの危険を排除する方法のひとつが、セキュリティ対策ソフトウェアです。セキュリティソフトウェアは、機能によって幾つかの種類に分けることができます。代表的なものは、アンチウイルスソフトです。コンピュータウイルスはメールにくっついてきたり、サイトを見ただけで感染したりします。アンチウイルスソフトは、それらを発見し駆除します。

スパイウェアがコンピュータに侵入すると、オンライン銀行のパスワードなど、重要な個人情報が盗まれる危険があります。これを防止するのがスパイウェア対策ソフトです。またウイルスやスパイウェアが侵入する前に、怪しい情報を入り口で阻止するのが、ファイアウォールと呼ばれるシステムです。このほか迷惑メールを選り分けたり、有害なサイトをブロックしたりするソフトもあります。

このように、セキュリティ対策ソフトは目的別に使い分けると効果的ですが、多くのセキュリティソフトは複数の機能を兼ね備えていて、オールインワン型と呼ばれています。最近は無料でも性能の良いセキュリティソフトが出回っていますし、有料のソフトならサポート態勢が充実しています。