セキュリティで情報と自身を守っていこう

メールで送られてくるウイルスに対するセキュリティについて。

コンピュータウイルスは、メールの添付ファイルに仕掛けられていることが多いらしいです。仕事でパソコンはよく使います。メールも取引先の人や社内の人とやり取りする機会が多いので、自分のウイルス対策は大丈夫かなと心配になりました。一応スタンダードなウイルス対策のセキュリティソフトは入れてありますが、それでも自分が添付ファイルをうっかり開いたら良くないのだろうなと思います。特に差出人を偽って送ってくるメールも多いそうですが、これには特に気を付けないといけません。もしやり取りする可能性の人や会社と偽ってメールを貰ったら、ろくに確認せずに開いてしまいそうな気がします。

知識や工夫でできる対策を、パソコンに詳しい友達に少し教えてくれました。例えば添付ファイルを送ったり、送られたりする時にはその旨をメールでも伝えますよね。仕事のやり取りでは特に、その添付ファイルの内容についても触れた文章をメール本文に添えます。あれもチェックの対象になり、対策のひとつと言えると言われました。それから、添付ファイルの拡張子に注目すると良いそうです。開いた途端動き始める系の拡張子(.exeなど)は要注意で、ただの文書ファイルなどのアイコンで偽装して送られてきているものは確実に怪しんだ方が良さそうですね。ともかく、注意して見て、ウイルス検査をきちんとできるようにしておくのが大事だと感じました。