セキュリティで情報と自身を守っていこう

セキュリティソフトは常に最新の状態にしましょう。

現代では、会社はもちろん一般家庭用のパソコンでもセキュリティソフトを導入しているのが常識だと思います。しかしそのセキュリティソフトの期限が切れていたり、古いものであればせっかく対策しているつもりになっていても意味がなくなってしまうかもしれません。こういったソフトの使用期限はだいたい1年から3年ぐらいのことが多いです。私もそうですが、インターネット上でソフトを購入しインストールする人が今は増えていますよね。お店でパッケージされたものを購入するよりも、導入した時期を意識しないという点は割とあると思います。パソコンを買った時に最初から入っていて、その後はそのままという人もいます。期限切れに関してはそれを知らせてくれるメッセージが普通出てくるので、それをほったらかしにしないことが必要です。

古いソフトのままとは、最新版に更新しないままということです。コンピュータウイルスというのは驚くぐらいのスピードでどんどん新しいものが出現してきます。最新のソフトでないと守れない場合があるのです。だいたい自動で最新の状態に更新してくれる機能があると思うので、それを利用した方が良いです。自分でも気付いた時に更新することもできます。結局良い道具も、使い方が分かっていないと働きも足りなくなってしまうということなので、ウイルス対策ソフトは常に最新にしてあげましょう。

Recommend