セキュリティで情報と自身を守っていこう

バックアップはセキュリティにおいて重要です。

情報のセキュリティ対策において、バックアップは非常に大切です。セキュリティと聞くと、とにかくウイルスなどから守るというイメージが強いかもしれませんが、それだけではありません。特に会社での場合は、操作ミスやネットワークの障害があった時に、すぐに復旧ができないと業務に支障が出ます。支障が出たことによる被害を防ぐのがバックアップです。分かりやすく言うと、ABCの三種類の書類があったとして、契約にはこれらの全てが必要なのに紛失してしまったり、AとBはあるのにCのはずがDという書類に書きかえられていたりした時のことを考えてみて下さい。ABCの書類を別に保管してあればそちらを使ったり参照したりして、問題が解消できますよね。バックアップとはこういうことなのです。

私は会社で事務の仕事をしていますが、取引先企業や自社の従業員などの情報をいつも扱っています。それらも会社の資産と思って大切に扱うようにと最初の研修で教えられました。私の部署ではデータのバックアップを定期的に行い、メディアに保存もしくは印刷して保管しています。このデータは持ち出しが出来ないようにきちんと管理されています。このようにバックアップは切っても切れない関係にあるのです。