セキュリティで情報と自身を守っていこう

ウイルスからのセキュリティ

インターネットをしているパソコン、というのは常に危険に晒されているといってもよい状態になります。その一つがウイルスです。コンピュータウイルスに感染しますと色々な問題が発生することになります。感染経路ですが、メールをやりとりしたり、インターネット上からソフトをダウンロードしたり、他のコンピュータとデータを共有したり、メモリなどでデータをやりとりしたりすることで、感染することになります。最近では、ホームページを閲覧しただけで感染するという防ぐことが極めて困難なものもあります。ウイルス、というと自然発生したものに感じるかもしれませんが、コンピュータウィルスは、感染源は人間になります。

具体的な被害ですが、ウィルス感染による被害はたくさんあります。メールを勝手に送信する、ハードディスク内のデータを破壊する、外部からコンピュータを操作可能にして悪用される、システムを不安定にさせる、メッセージを表示させる、コンピュータをシャットダウンさせてコンピュータが使えなくさせるなどの不具合を出すのです。こうしたことから守るのがコンピュータセキュリティというものです。ソフトもありますし、システムもあります。とにかく導入することです。

Recommend

  • SSLのライセンス購入をお考えの方にオススメなのはこちら。