セキュリティで情報と自身を守っていこう

セキュリティ対策と初心者からのレベルアップ

セキュリティ対策では、セキュリティ関係の知識が使用者にどのように早く浸透するかということも、時間との戦いになるのではないかと思います。サイバー攻撃では知識の戦いでもあり、防御の知識が狙う相手に増えれば増えるほど対策が立てられてしまい攻撃しづらくなります。特に彼らから見ての価値のある攻撃対象のセキュリティ対策関係の知識が増える前に、仕事を終わらせるということが必須条件になっています。その面でもインターネットの初心者で、金融機関に資産がある人や、企業などの重要な部署にアクセスできる条件にあたる人などは、特に狙われやすいということになります。最近は顧客情報が流失しやすいので、資産状況や職場などの情報がそれで知られることになります。

そしてそれぞれを詳しく調べられると、企業関係の重要な暗証番号やパスワードをいつの間にか盗まれていて、それが何年もわからないという場合もあるそうです。実際にそれで被害にあっていた世界的な企業もたくさんあります。社会的に知られている企業のトラブルは氷山の一角だとも言われています。そんな中での個人の初心者がどれほど危険な常態かということを考えて、セキュリティ対策には最初に関心をもつようにすべきではないかと思います。

Recommend