セキュリティで情報と自身を守っていこう

インターネットとセキュリティ対策とサイバー攻撃

インターネットでのサイバー攻撃とウイルスなどとセキュリティ対策は、常にイタチごっこで、本物の病気のウイルスと人類の戦いと非常に似たところがあります。最近でもエボラウイルスでの被害の拡大で、今までは防御ができないということでしたが、効果的な薬を日本の製薬会社が開発したというニュースがありました。その薬で完治した人が出てきたということです。それはインターネットの世界でも同じで、サイバー攻撃でのウイルスとその完治薬の出現との繰り返しのような状況になっています。最近のサイバー攻撃の攻撃型だけのウイルスでも数十種類確認されているということで、今現在でも増え続けているでしょう。その他のウイルスを合わせると数えるのも億劫になるほどだと思います。

そうなると、もう他人ごととしてはいられない状態で、インターネットの世界に入り込んだその瞬間から地雷原を歩いているようなものになります。そうなると、どうしても助けが必要になりそれが、インターネットのセキュリティ対策の情報や、セキュリティ対策の専門企業のソフトということになります。そして自分のインターネットへの関わりをよく理解して、それに見合ったソフトを導入して防御することは、常識という段階になってきています。それは個人でも企業と同じだろうと思います。