セキュリティで情報と自身を守っていこう

セキュリティとOSの関係

パソコンのセキュリティ対策のためには、OSのバージョンやアップデートの状態が重要となります。OSはパソコンの重要な構成要素の一つです。OSの上でソフトウェアなどを利用することになるため、脆弱性が存在する場合には、情報流出や技術的な問題が発生していしまうことがあります。このような問題が発生した場合、取り返しのつかないトラブルが発生することにもなりかねません。まず、脆弱性が問題となるのは、古いバージョンのOSを利用している場合となります。古いバージョンの場合、サポート期間が終了してしまい、しっかりとしたサポートが存在しない状態になります。このようなOSは、外部からの攻撃に非常に弱い状態になってしまいます。そのため、最新のOSを利用するようにして安全性を高めていくことが重要です。

最新のOSを利用している場合であっても、しっかりとアップデートを行っていない状態では、安全性の高いセキュリティ対策を行うことができません。アップデートは、OSの不具合や脆弱性を除去するために利用することになるため、毎回欠かさず更新を行うことによりセキュリティのための性能を維持することが必要です。このように、OSのバージョンやアップデートはセキュリティ対策上必要不可欠となっているため、しっかりと考慮に入れることが重要となります。