セキュリティで情報と自身を守っていこう

パソコンを使うならセキュリティはしっかりとする

パソコンを使う人が増えている時代なので、セキュリティ対策はきちんとしないと大変なことになります。仕事でも使っていて、プライベートでも同じパソコンを使うのでああれば尚更必要になります。仕事で使っている場合は、いろいろな情報があり、顧客情報などの個人情報があります。そのような情報は対策をしていないと致命的なことになります。対策としては、一般的には、仕事用とプライベート用は分けておいたほうがいいのですが、そうもいかないこともあります。できることといえば、対策ソフトを入れて管理すること、パスワードを頻繁に変えることです。そうすることによって、簡単には侵入できなくなります。そして、ログインを分けておくと、少しは対策になります。

実は、インターネットを繋いでいないパソコンでも、気を付けないといけません。フラッシュメモリーやデータの中にウィルスが仕込まれていることもあります。その対策として、検査をするものがあります。そのようなものを使うと、未然に防ぐことができます。最低限、メールのウィルスチェックのソフトは入れておいたほうがいいです。どこからメールが送られてくるかわからないからです。うっかりとあけてしまうと、あっという間にデータが盗まれるということもあります。個人でも同じです。個人情報を守るという意味でも、対策が必要です。